ANA Dinersプレミアムの取りこぼしマイルとANA VISAプレミアムのマイル効率検討

ANA Dinersプレミアムは,100円あたり2マイルが付与され,マイル効率が非常に良い。

しかしながら,Diners Clubカードであるためにそもそもカード決済できない場面も出てくる。そこで,決済できない金額の比率がどのくらいでANA VISAプレミアムよりマイル効率が悪いことになるかを計算する。

ANA VISAプレミアムのマイル獲得は1000円あたり15マイルである。

ANA Diners プレミアムのマイル獲得は100円あたり2マイルである。

その他の補完カードのマイル獲得は1000円あたり5マイルである。

決済額をX円,Diners Clubで決済できなかった金額をY円とすると,獲得マイル数は

0.2×(X-Y)+0.05×Yで,これが0.15×Xより大きければ良く,変形していくと

x > 3y

となるから,決済額の75%がDinersになっていれば良いことになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中