Amazonで騙されないで買い物する方法【勝手に改】

詐欺と転売は違う

Amazonで詐欺業者が増えているというニュースがでており,正規業者にも飛び火する等の問題が出ているようです。

関連して,「Amazonで騙されないで買い物する方法」というブログ記事を見つけたのですが,転売の問題と詐欺の問題をごちゃ混ぜにして問題を捉え切れていなかったようなので,注意喚起の意味でエントリを書くことにしました。ニュースで問題になっているのは転売屋ではないのです。

問題になってる詐欺の手口1

サンプルとして「Logicool ロジクール G440 ハード ゲーミング マウスパッド G440r」という商品を見てみましょう。

g440r1

Amazonの表示する販売者の商品価格は現在1620円(+送料)です。

しかし,下の方に「新品の出品:11 ¥750より」の文字が見えます。「同じ物なら,できるだけ安いところから買いたい」ので,ここをクリックしてみましょう。すると,

g440r2.png

こんなページが表示されます(上の方を切っています)。

850円(+送料340円)で販売している業者がいますね。安いですね。

でも,この業者は恐らく詐欺です。

見分け方を説明しましょう。見るべきポイントはこちらです。

g440r3

この販売者には過去の販売に関する評価がありません。その上で,配送日が少し先(記事作成日は4月27日です。),かつ海外に設定されています。

これは,商品を即日発送したことにしておいて代金を受け取って逃げる詐欺手法と考えられます。商品到着がなくとも5月18日までは購入者は文句を言わない可能性が高く,しかし,即日発送として記録されていますからこの頃には販売者には商品代金は支払われており,詐欺が成功するのです。

どの業者を選ぶべきか

ではこの商品はどの販売者から買えば良いのでしょうか?一番分かりやすいのは2780円のショップクリックマウスです。

g440r5

この販売者にはAmazonの配送センターより配送の記載があります。

これは,Amazonの管理する倉庫に商品があるということですから,通常の場合(Amazonの管理ミスや配送事故のない限り)商品は配送されます

でも,ちょっと高い。この場合はPCDEPOTから購入するのもありです。

判断はここを見ます。

g440r4

この販売者には過去12ヵ月に4220件の評価があり,94パーセントの高い評価を得ています。このような販売者が詐欺であることはまれです。ただし,最近の評価がない場合や最近になって悪い評価がついている場合はアカウントが乗っ取られているなど,危険なことがありますから,その場合は避けてください。

問題になっている詐欺の手口2

商品を1円で販売するなどして,購入者の個人情報を収集する詐欺の手口も知られています。これも判別は基本的に手口1と同じですが,それ以前に,右から左で中古屋に売っても利益になるような値段は必ず訳ありですから注意しましょう。

まとめ

さて,ここまでの結果をまとめましょう。

  1. 原則として,Amazon配送(≠Amazon販売)を買う。
  2. 新規出品者・海外発送者は要注意。
  3. Amazon配送でない販売者から買う場合は最近の評価を確認する。
広告

クレカポイント考慮時のプラスEXとEX-ICの損得

クレカポイントを考慮した場合のプラスEXとEX-ICの損得

前提として,EX-ICはJ-Westカード使用,プラスEXはANAダイナースプレミアムカード使用。
また,乗車区間を東京・京都間で計算しています。

プラスEXとEX-ICの違い

年会費(税別)

プラスEX 500円
EX-IC 1000円

運賃の違い

(プラスEX)
東京から京都・グリーン 18180円
東京から京都・普通 13400円
(EX-IC)
東京から京都・グリーン 17600円(-580円)
東京から京都・普通 12830円(-570円)

クレジットカード還元率

プラスEX(ANASFCダイナースプレミアム)100円2ポイント。1ポイント1ANAマイル。
EX-IC(J-Westカード)1000円5ポイント。1ポイント1円。マイル交換不可

グリーンポイント

グリーンポイントは区間に関わりなく一定のポイントを消費して普通運賃でグリーン車に乗車できるというものです。
東京・京都の普通,グリーンの差額は4770円なので,1ポイントの価値は4.77円になります。
(プラスEX)
東京から京都・グリーン なし
東京から京都・普通 なし
(EX-IC)
東京から京都・グリーン 90ポイント(429.3円相当)
東京から京都・普通 90ポイント(429.3円相当)

その他

J-Westカードは紙の明細が来る。→処理の手間。
毎月の引き落としについて合算すべきものが増える。
確定申告時に合算すべき&自動処理できないカード明細が1種類増える。

検討

東京・京都グリーンの場合

プラスEX 18180円,360ポイント→360ANAマイル
EX-IC 17600円,88ポイント→88円
EX-ICが運賃差額580円と還元88円,グリーンポイント429.3円相当で1097円安いので,これと360マイルが見合うかという問題。1マイル3.04円以上の価値があればプラスEXが良いことになる。

東京・京都普通の場合

プラスEX 13400円,268ポイント→268ANAマイル
EX-IC 12830円,64ポイント→64円
EX-ICが運賃差額570円と還元64円,グリーンポイント429.3円相当で1063円安いので,これと268マイルが見合うかという問題。1マイル3.96円以上の価値があればプラスEXが良いことになる。

結論

ちょっといろいろと素っ飛ばしますが,仕事で一番よく使う関空・マニラ便を特典航空券で予約する場合,1マイルの価値は7.5円程度(ただ,PALで飛べば2.5円程度)ですので,金銭的には普通席でトントン,グリーンならプラスEXの方がよいということになりそう。普通席だと後の手間をいくらと見積もるかですね。
EX-ICにしてPALでマニラに行くか,プラスEXにしてANA便で飛ぶか。
過去に東京・京都の飛行機の分岐を計算したことがありますが,それをもう一度やらないといけないみたい。

【いずみ寮での自炊】簡単野菜スープ

70期の和光生活が始まっているようなので,健康に生きるためのレシピを1つ。食堂があまり美味しくないのでレトルトだけで生きている人もいそうですし。

【必要な道具】

レンジ可能なお椀。
レンジ用ふた。あるいはお椀をもう1つ。
調理に使えるハサミ。

【材料】

鶏ガラスープ(顆粒)。
乾燥ワカメ。
アクの少ない野菜(小松菜,水菜など)。

【調理手順】

1 野菜を水洗いし,ハサミでお椀に切りながら入れる。
2 専用ふたかもう1つのお椀でふたをして,1を電子レンジにかける。時間は適当(3分くらいからはじめて調整する)。火が通るまで。
3 取り出した2に乾燥ワカメ,鶏ガラスープを加えて熱湯(蛇口があるよね)を注ぐ。

手順は以上です。胡麻とか七味(何かでもらって余りますよね。)とか胡椒とか足しても良い。

私は,レトルトのカレー&御飯と野菜スープとか,お椀のサイズを大きくして前述の野菜スープに肉とかウインナーを加えるとか,鶏ガラスープをダシの素にしたりコンソメにしたりとかして生きていました。あとは,レトルトのおでんに野菜を加えるとか。

寮生活が長くなると良く分からない体調不良者が増えますが,基本的にはビタミン不足ですので,意識的に野菜をとるほか,近所のドラッグストアでマルチビタミンを買っておき,毎日飲むようにしましょう。

ANA SFCカードの他ブランドへの切替え

現在,ANA Visa プラチナ SFCカードをメインのクレジットカードにしているのですが,iPhoneのモバイルSuicaのチャージに使用できず,またビジネスアカウントカードが作れないために,クレジットカードが複数枚にとっちらかっているという不満があります。

そこで,これをANA Diners Premiumカードに切り替えようと思ったので,その手続きメモです。(Dinersに切り替えればモバイルSuica用のANA Visa Suicaカードが解約でき,経費決済用のクレジットカードも弁護士肩書き口座を引き落としにして作れます。)

WebからANA Diners Premiumカードの案内ページを探すと,次のページが見つかりました。

https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/anadiners_premium.html

このページの最下部には「ダイナースクラブカードをお持ちでない方」用のお問合せ先が書いてあります。

切替えでダイナースクラブカードを持っていませんので,まずはこちらに電話しようと思いましたが,電話受付時間が午前10時から午後6時となっているので,電話できるタイミングが見つかるまで数日を要しました。

今日になって,ようやく電話したところ,「スーパーフライヤーズカードの方の切替えはANAのプレミアムデスクに電話して下さい。」とのこと…この数日はなんだったのだ。

ということで,ANAのプレミアムデスクに電話。

Dinersの申込書を送って貰えることになりました。

手続きとしては新規のカードを申込み,審査が通ってカード受領後に旧カードを解約することになるとのことでした。

これまでDinersカードを使った実績は無い訳でいきなりのプレミアム申込。さて,どうなることやら…。

「弁護士業務におけるIT利用入門の入門」(自由と正義2月号)の補足(Ⅳについて)

Ⅳ1 スキャナーについて

シートフィーダ型のスキャナーとして念頭にあったのは,
富士通 FUJITSU ScanSnap iX500 (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A
オーバーヘッド型は
富士通 FUJITSU ScanSnap SV600 (A3/片面/オーバーヘッド読取方式) FI-SV600A
である。

Ⅳ2 スキャナー以外の情報電子化機器について

文書撮影に使うデジカメとしては,Olympus STYLUS SH-1などオリンパス社のコンデジに定評がある。
スマートフォンと連携することができるので,デジカメで撮影した写真をスマートフォンに自動で転送し,そこからさらにiftttのような自動化アプリとの組合せで,EvernoteやDropboxに自動保存するといったことも可能。

スマートフォンアプリとしては,Evernote社が提供しているScannableというアプリが使いやすい。

Ⅳ3 FAXの電子化について

前の記事で書いたOfficejet Proを念頭に記述した。

Ⅳ4 債務整理事件における資料の電子化について

通帳のスキャンに使用しているのは,
富士通 FUJITSU ScanSnap iX100 (A4/片面/バスパワー駆動) FI-IX100W
である。
通帳を横向きに入れるのがコツ。

個人的には,通帳の写しを紙のちょうど真ん中に印刷できるのが気に入っている。

「弁護士業務におけるIT利用入門の入門」(自由と正義2月号)の補足(Ⅲについて)

個別の商品名を書くことが些か憚られたので補足等。

Ⅲ1 PC選びについて

個人的にはhp社のPCを推している。
トラブルが少なく,ケースがあけやすいため。
メモリを足したり,デュアルモニタに対応させるためにグラフィックスカードを挿したりし易い。

Ⅲ2 キーボード選びについて

all 30グラムのキーボードで現行品としては,
東プレ Realforce108US 静電容量無接点方式 ALL30g ホワイト USB SJ38D0がおすすめ(リンク先はAmazon)。

仕事を早くする(手の移動を最小化する)という観点からは,テンキーを使うべきではないと考えていて,自宅ではRealforce 89S 10thというテンキーのないキーボードを使っているが,残念ながら廃盤になっている。

キーボードに2万円近く出せないという人は,せめて
富士通コンポーネント Libertouch White USBキーボード 日本語108キー 入力荷重調整可能 ホワイト FKB8540-051/Wを試して貰いたい。1万2000円くらい。

高価品のキーボードは10年くらいは使えるので,トータルコストとしてはそれほど高くないというべきだろう(万年筆やボールペンにもっと高いお金を払う人は沢山いる)。

Ⅲ3 複合機選びについて

記事を書くにあたって念頭に置いていた機種は
HP ヒューレット・パッカード A4複合機 Officejet Pro 8610 ( ワイヤレス 自動両面 4色独立 ) A7F64A#ABJである。
記事では3万円程度と書いたが,Amazonで2万5千円程度。

Ⅲ4 プリンター選びについて

A4モノクロレーザーについて,念頭にあった機種は
brother A4モノクロレーザープリンター 30PPM/両面印刷/有線・無線LAN HL-L2365DW。約1万4千円。これを3台くらい使うのが理想。1台は封筒印刷用にしたい。

A3インクジェットは
Canon キヤノン インクジェットプリンタ PIXUS iX6830
あたりで対応できるだろう。

飛行機か新幹線か

昨年は1年間,飛行機を中心に移動していたのですが,疲労度合いや手間の面では新幹線でも飛行機でも,どちらでも大差ないという結論になりました。

今年はどうしようかと考えて試算してみたのですが,大津~霞ヶ関の移動で,純粋に費用だけを考えた場合,12600円が分岐点になることがわかりました。
(なお,1マイル1.7円で計算しています。)

今年は伊丹羽田が12600円以下の場合には飛行機,それ以上の場合には新幹線という移動スタイルになりそうです。

(ただし,旅作を考慮に入れるとだいぶ変わってきます。)